Zero Waste(ゼロウェイスト)を目指して、ドイツのベルリンでオーガニックライフ、ナチュラルライフをおくっているYulieです。

最近、ミニマリストを目指して、必要でないものはサヨナラしようとお家中の大掃除をはじめました。そして、もう読まなくなった本たち。今日は、その本たちを捨てるのではなく、ヨーロッパでたまに見かける、シェアスぺースに持っていくことにしました。

今までに見たことある本のシェアスペースといえば、オーストリアやドイツの田舎で見かけた、今は使われなくなった古い公衆電話のボックスに棚を作ってある本のシェアスペースでした。町の人が、読み終わったり、必要なくなった本を持っていき、必要な人が好きな本を選んで持っていくという、町に設置されているスペースです。

今回、ベルリンのプレンツラウワーベルクの家の近くにあった、シェアスペースに行ってきました。木が多いベルリンの街になじむように、木をくりぬいて作ってありました。
IMG_5992
以前からこの道を通るたんびに、大人から子供まで立ち止まって本を眺めていました。本の種類も色々です!
IMG_5993
雨から守るために窓がついています。
必要でなくなったものを、ほかの人とシェアして、新しく必要としてくれる人を見つけるなんて、ゼロウェイスト!とても素敵なスペースです。

これで、私の本たちも新しく読んでくれる人が見つかりますように。。。

ちなみにこのスペースの場所は、
SredzkistraßeとKollwitzstraßeのコーナーです。

シェアスペースに感謝して、
ゼロウェイスト・オーガニックライフ