Zero Waste(ゼロ ウェイスト)を目指して、ドイツのベルリンでオーガニック、ナチュラルライフをおくっているYulieです♡

なんと、納豆を納豆菌なしで、ミントで作れると聞いたので、半信半疑で作ってみたら本当にできちゃいました~‼
DSC03329 (2)
作り方は、以前作ったやり方とほぼ同じ。
(Recipe)
・ビオ乾燥大豆 300g
・ビオミントの葉

1.乾燥大豆よく洗い、たっぷりの水に12時間浸す。
2.水を捨てて、鍋に大豆が隠れる位の水と重曹を小さじ1を入れ、弱火~中火で3時間くらい煮る。(圧力鍋だと60分位)。重曹を入れることで豆が早く柔らかくなりました。
3.指でつまんで簡単に潰れる位の柔らかさになったら、熱湯消毒したボウルに移す。
4.大豆を消毒したグラスのカップに入れて、その上にミントを置く。※ボウルやグラスは熱湯をかけて消毒しました。さらに、ミントは、無駄な菌がつかないようにぬるま湯で洗いました。
DSC03269 (2)
6.45℃以下に冷まして、グラスのフタをせず、上にキッチンタオルなど薄い布を被せ、本体のふたをふわっとする。※納豆が発酵するには空気が必要だそうです
DSC02457 (2)
7.スイッチオンして、24~48時間発行させます。
DSC03322 (2)
8.できたらミントは取り除いて、冷蔵庫で1~2日程度冷蔵庫で寝かすと大豆の中まで発酵が進み、味がなれておいしくなるようです♪
まさかミントで納豆ができるとは‼もともとは、わらで作っていた納豆。納豆菌というのは自然の植物に存在するものらしいです。他にはローズマリーなどでもできるそう‼
これで、完全オーガニックの自家製納豆ができました♥

からだに優しく、てづくりに感謝して、
ゼロ ウェイスト、オーガニックライフ☆